ダイナミックな吹き抜け+澄きりハウス | 横浜市泉区の工務店|注文住宅の将伸建設
  • COMPANY

2018年3月29日   ダイナミックな吹き抜け+澄きりハウス

こんにちは。

 

いよいよ、桜が満開ですね!

我が家の近所の公園でも、大きな桜の木があり、 きれいに咲いていました。

桜が咲いていると、それだけで街の雰囲気も明るくなりますね。

cherryblossam

cherry2

さて、春は家の中にいても清々しい空気を感じることができますが、

やはり居心地がいいのは開放的なリビング。

開放感を感じる鍵となるのは、天井高と採光・通風です。

どんなに広い部屋でも、天井高が低ければ圧迫感を感じます。

逆に、あまり広さがない部屋でも、天井高が高ければ、 それだけ開放感を感じますね。

 

 

そして、明るさと風通しのよさがあれば、実際の広さ以上の 開放感を得ることができます。

 家づくりにおいて、リビングの居心地のよさ、開放感を重視するなら、

「吹き抜け」は有力な選択肢のひとつになります。

当社でも「吹き抜け」を採用する方はたくさんいらっしゃいます。

今回は、なかでも「吹き抜け」でダイナミックな空間を 実現したお家をご紹介します。

_MG_6110

大開口サッシでテラスともつながる、 大きな空間です。

  217A8495

隣家と接していても、上部の窓から 明るい光を取り込むことができます。

  00351

木のぬくもり溢れるナチュラルで 暖かい空間。

  _MG_0019

開口部の広さと天井の高さで、 広々空間を実現しています。

 吹き抜けを採用するならぜひおすすめしたいのは、 当社の「澄きりハウス」。

全熱交換換気システムを採用し、吹き抜けのある大きな空間でも 室温を一定に保つことができます。

冬は暖房による暖かい空気を逃がさず、 夏は冷房による冷たい空気を逃がしません。

 

 

「ダイナミックな吹き抜け+澄きりハウス」で、 開放感と快適な空間を同時に実現!

澄きりハウスの詳しい情報は、ぜひこちらをごらんください。

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE