大掃除と欧米のスプリング・クリーニング | 横浜市泉区の工務店|注文住宅の将伸建設
  • COMPANY

2017年12月25日   大掃除と欧米のスプリング・クリーニング

こんにちは。

今日はクリスマス☆ みなさんのおうちにはサンタさん、来ましたか?  

 

我が家にも無事!?サンタさんがやってきました♪

小学生の息子がサンタさんにお願いしたのは、天体望遠鏡!!

ツリーの下に大きな箱が置いてあるのを見つけ、大喜びです。

その一方で、そんな大きなもの、どこに置くんだ・・・ と内心、戦々恐々の母です(^_^;)  

 

 

さて、クリスマスが終われば、あとは年越しを迎えるだけ。

ですが、その前に大掃除をするご家庭も多いと思います。

我が家はあの有名な、<黄色いボディの高圧洗浄機>を出動させ、

ベランダの土汚れを一掃しました!

 

みなさんは、大掃除といえば、どこを掃除しますか?  

大掃除を年末の寒い時期にするのは、 「一年のすす(汚れ)を払い、

お正月の神様を迎えるため」 というのは、

みなさん一度は聞いたことがあると思います。

年末に家を念入りに掃除し、新しい年をきれいな家で迎えるという、

日本の伝統は大切にしたいですよね。  

 

 

ですが、この寒い中に掃除をしても非効率なことも確か。

できれば、暖かいゴールデンウィークあたりにしっかり掃除したいですよね。

欧米の寒い国では、スプリング・クリーニングと言って

春の大掃除の習慣があるそうです。

寒がりな私は、日本の伝統、年末の大掃除より、

スプリング・クリーニングの 習慣を取り入れたいところ。

でも、きれいな家で年越しは迎えたいです。  

 

そこで大切だと思うのは、日々、気づいたときにこまめに掃除をしておき、

年末の大掃除の負担をなるべく減らすこと。

とくにキッチンまわりは汚れを放置しておくと、

油が固まり大変なことになりますよね。

換気扇や冷蔵庫など、三か月に一度ぐらいは掃除をしておけば、

年末の大掃除にそれほど労力を使わなくても良さそうです。

 

浴室もこまめな掃除が大切。 入浴したあとは、スクイージー(水切りワイパー)で

鏡や壁面の水滴を落としておくと、

カビの繁殖を抑えることができるそうです。

水滴をざっと落とす瞬間、けっこう気持ちいいですよ♪  

 

我が家の大掃除は、あとは窓や桟の掃除をしたら終わり。

あとは、日々のこまめなお掃除と、暖かくなってからの

スプリング・クリーニングで きれいな家を目指したいと思います!

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE