注文住宅 と建売住宅 | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設
  • COMPANY

2018年6月21日   注文住宅 と建売住宅

こんにちは!

 

曇天続きですね。

 

ここ最近は、すっかり家事もおろそかになっていますが、人間は誰しも天気によって気分が左右される傾向にあるそうなので、

しかたない!と割り切っています。

やるべきことはきちんとやり、手を抜けるところは手を抜いて、このじめじめとした季節を乗り切りましょう♪

 

さて、以前から何度もこのブログで言っていますが、我が家は建売住宅!です。

建ったあとのものを購入したので、いわゆるフリープランですらありません。

 

注文住宅への憧れは人一倍ありましたが、諸事情により、駅近の建売住宅を購入したのが3年前。

 

購入した当時は我が家の嫌なところばかりが目につきましたが、最近ではよいところもちらほら思いつくようになりました。

 

 

というわけで、今日は、注文住宅の良いところvs建売住宅の良いところ、をお伝えしてみたいと思います。

 

☆注文住宅のよいところ。

 

それはもう、自分の思い通りの家にできる!の一点につきるのではないでしょうか。

間取り・外観・内装・設備。

予算との兼ね合いはありますが、自分の思い描いていたとおりの家を造ることができるということは、自分のこだわりを実現できる、ということ。

当社のお客様の中にも、独自のこだわりをお持ちのお客様がたくさんいらっしゃいます。

 

 

とにかく広くて明るいリビングがいい!

リビングの横にゴロゴロできる畳スペースがほしい!

猫を飼っているから、猫がリビングを自由に行き来できるキャットウォークがほしい!

自分だけの空間、書斎がほしい!

 

などなど。

 

どれも、建売ではなかなか実現できないことばかりですね。

内装は、壁紙や床材、建具など、好きなものを選びたい。

外壁も自分好みの色合いを選ぶことができます。

自分のセンスを頼りに、いろいろなパーツを決定していくプロセスは、想像するだけでワクワクする作業ですね。

 

当社の設計士との打ち合わせを重ね、こだわりをいろいろ詰めこんだ理想のお家を完成させたお客様からは、「家を建ててよかった!」というお言葉をたくさん頂いています。

 

☆建売の良いところ

 

その一方で、建売のメリットといえば、やはり予算

我が家も、同じ立地で土地+注文住宅、としていたら、ローコスト住宅であったとしても3割~4割増しほどの予算が必要だったかなと思います。

予算と立地を優先した結果、建売になった、というのが我が家の家購入ストーリーです。

 

そのため、自分の意見は何1つ入っていませんが、3年間住んでみて建売の良いと思うところは、とても合理的であること。

こだわりや希望がない分、とてもオーソドックスな造りです。

 

最近では、

 

狭いキッチンも、動線が近くて良い。

リビングは南西に面して充分明るいから、吹き抜けではないけれどまぁまぁ快適。

駅近(徒歩3分♪)なので、買い物がとっても便利!

 

というように、徐々に発想をプラスに変えて捉えることができるようになりました。

(「妥協」、というのかもしれませんが笑)

 

 

 

長くなりましたが、今日は自分の考えをいろいろと書いてみました。

建売住宅、注文住宅、それぞれメリットデメリットはあります。

 

立地、予算、広さ、間取り、テイスト・・・

優先順位は何が一番なのか、ご家族にとって何が一番大切なのか。

よく話し合って様々な選択肢を視野に入れて進めていくと、より後悔のないお家探しになるかと思います。

 

みなさまにとって満足のいくお家探し、お家づくりになりますように、少しでもお手伝いができれば幸いです。

家づくりを検討中の方も、まだまだ先だけどという方も。

ぜひ当社までご相談くださいね♪

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE