リビングとつながる和室 | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設
  • COMPANY

2018年7月9日   リビングとつながる和室

こんにちは。

今朝の横浜はとても不安定なお天気です。

雲一つない晴天から、一時間後にはどしゃぶりの雨に…

今はまた晴天に戻っています。

 

そして、先日からの大雨で、西日本では甚大な被害が発生しているようですね。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

 

さて、今日の話題は、リビングに隣接している和室について。

みなさまのお宅には和室はありますか?

今は和室のあるお家はずいぶん少なくなりましたね。

和室の利用目的は、「来客時の宿泊スペース」や「将来同居予定の両親のため」などがあげられます。

こうした場合は、リビングとは切り離した居室のほうが使い勝手が良いですね。

いっぽう、「子供の遊び場スペースや昼寝の場所」、「ちょっとした家事の場所」などとして使いたい場合。

こちらは、リビングに隣接した和室、または畳スペースのほうが便利です。

お子様がまだ小さいうちは、目の届く範囲で安全に遊ばせることができるのはとても安心です。

小学校のうちは、リビング学習のご家庭も多いですよね。

この畳スペースや和室に机を置いて、勉強を見てあげることもできます。

リビングに隣接した和室にも様々なスタイルがあります。

 

☆小上がり和室

リビングに隣接した小上がり和室は、和モダンの雰囲気があってオシャレですね。

段差を活かして収納も兼ねることができます。

こちらのY様邸のように、4.5帖程度の広さであれば、天井高が低くなってもあまり気になりません。

073Y

073Y2

 

☆リビングとフラットにつながる和室

こちらの和室は、リビングと一体化したスペースとしても活用できます。

ちょっとした時間に横になったり、ゆったりとした時間を過ごすことができそうです。

_MG_7965

 

☆畳スペース こちらはリビングの一角にカーペットのように畳を設置した、畳スペース。

畳の感触を楽しみたいけれどスペースがない、という場合などには、畳スペースとしての設置が効率的です

64S2

いかがでしたか?

和室が貴重になったいまでは、和室のある家はちょっと「憧れの家」ですね。

和室を取り入れる場合は、どのような用途で使いたいのか、どの程度の広さが必要なのかよくご検討くださいね。

お困りの方は、ぜひ当社の設計士にご相談ください!

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE