子育てが楽しくなる家 | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設
  • COMPANY

2018年5月7日   子育てが楽しくなる家

こんにちは。

長かったゴールデンウィークも終わりましたね。

皆さん、楽しいお休みを過ごすことができましたか?

 

我が家では、庭の手入れやクローゼットの整理など、

日頃はあまりできない家のメンテナンスをがんばりました!

お出かけするのも楽しいですが、たまにはじっくりと家の手入れをして

過ごす休日もよいですね♪

庭の手入れは我が家の子供たちも協力してくれました。

 

こんなときは、一戸建てにしてよかったな~♪

なんて思います。

以前は賃貸マンションに住んでいたのですが、 一戸建てを購入してから、

子どもの成長には住宅環境も大切なんだなと実感することが多くなりました。

家の前で、たくさんの友達とのびのびと遊ぶ姿をリビングから確認できたり、

リビングに学習用の長机をDIYして、子供が二人並んで勉強したり、

子供たちが自分で選んだ野菜や花を育てたり。

 

どれも今までの賃貸マンションではできなかったことです。

我が家では一戸建てに引っ越してから、子育てが楽しくなったと 感じるようになりました。

間取りを自由に設計できる注文住宅ならば、

さらに「子育てが楽しくなる住宅」をコンセプトに設計することもできますね。

 

「小上がり和室やフリースペースで子どもと触れ合う場所を作る。」

「キッチンの作業スペースを広く取り、親子でいっしょに料理を作る。」

「リビングに造作の机を造って親子での学習スぺースを設ける」

 

など、間取りや設備の工夫で親子のコミュニケーションをさらに楽しく

充実させることができるのではないでしょうか。

 

  当社施工のお客様の中にも、「子育て」を設計のキーワードとして

取り入れているお客様がいらっしゃいます。

074S-11

 

074S-2

◆「つながり」を重視した間取りのS様邸。

親子のコミュニケーションがいろいろな形で取れそうです。

087T

◆小上がり和室に机を造作したT様邸。

お子様と並んでPCを使うために設けました。

073Y

◆広々として眺望の良い屋上テラスがあるY様邸。

お子様のお友達を呼んでBBQが楽しめそうです!

 

これから注文住宅をご検討中のお客様の中には、

子育て中の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

間取りを設計するときには、「親子のコミュニケーション」を 重視して間取りを考えると

より子育てを楽しむことができる 家づくりができそうですね♪

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE