横浜市の<資源集団回収>と収納スペース | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設
  • COMPANY

2018年4月5日   横浜市の<資源集団回収>と収納スペース

こんにちは。

今日は、横浜市の小学校、中学校の入学式です。

入学式は、新しい先生や新しい友人と出会い、

わくわく、どきどきがたくさん!!

こどもたちが、新しい学校でも毎日楽しく

通ってくれるのが一番ですね。

 

今日は、資源集団回収と収納についてです。

「資源集団回収」とは、横浜市内の町内会、自治会などが

実施する資源物の回収のこと。

新聞や雑誌、ダンボールなどの古紙類、古着などの布類、

金属類(アルミ缶、スチール缶)、びん類が対象です。

我が家の地区では、月2回、これらを回収します。

 

ということは・・・、

月2回の回収日まで、古新聞やダンボール、缶などをまとめて

置いておく場所が必要なんです!

建売の我が家には、もちろんそのスペースがないっ💦

 

1階の洋室の一角に、回収物を置いておくコーナーを作りましたが、

見栄えもよくないし、ちょっと邪魔・・・。

 

もし今から家づくりをするなら、

パントリーか、シューズクローゼットなどに置くスぺースを

確保したいなぁと個人的に思います。

_MG_8243

◆収納力たっぷりのシューズクローゼット。

うらやましい・・・!

 

3H5A5736

3H5A5739

 

横浜市で家づくりを検討されている方は、ぜひ、お住まいの地区に

集団回収があるかどうか、ご確認してみてください。

集団回収がある場合は、古紙などを置いておく

スペースの確保をオススメします!

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE