コンパクトな2世帯住宅 | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設

基本条件

土地面積
97.22㎡
建築面積
敷地特徴
家族構成
ご夫婦+子供1人+母親
建築費用
1640万円
コダワリ
快適な家事動線を実現するコンパクトな2世帯住宅

家づくりのはじまり

当時で、築40年のお家に住んでいたお施主様。
老朽化が目立つ様になり、また、汚水排水が詰まり気味で、臭いが気になり始めて、建て替えを考える様になりました。

ご要望 → ご提案

対面キッチンへの憧れ

ダイニングテーブル=リビングテーブルという考え方で14.5帖でも充分な広さを確保して、対面キッチンを提案。また朝の忙しい朝食のためにカウンタースペースを用意。

収納

各室の収納量を増やす事に加え、1F洗面台には大容量のトール収納を。キッチンには食器棚およびパントリーを造作。また2F共用スペースには洗濯スペースと連動したリネン庫を配しました。さらに8帖のロフトを固定階段にて接続し、‘使い易さ’を実現しました。

神棚と仏壇

仏様と神様を干渉させず、共に南向きとし、毎日の拝礼に支障をきたさない場所の御提案をさせて頂きました。

家事動線のご相談

洗濯と調理は、同時に行う事はない、とのお話しから「1FのLDKスペースを出来るだけ確保」「2階バルコニーで干す」という事もあり、洗濯機置場を2Fへ御提案しました。

ココチヨイ家が完成!

担当設計士のコメント

「家事動線と収納と神様・仏様」が今回の家づくりのコンセプトとなりました。
昨今、「キッチンと洗濯スペースの連続する家事動線」が一般的ではありますが「どこで洗濯して、どこで干しましょうか?」と奥様と一緒に‘毎日の家事’のことを共に想定し、考え抜きました。
正確には、考える事をお手伝いさせて頂いたと言った方が正確かもしれません。
注文住宅ゆえ、考え方、造り方は、ご家族それぞれで良いと思います。
結果としてお施主様に喜んで頂き、快適に過ごして頂く事が重要だとあらためて実感させられました。

現場監督のコメント

コンパクトな2世帯住宅ですが、各所に収納が充実しながら窮屈に感じる事もありません。
固定階段付きのロフトが利便性を高め、さりげなく重要なポイントになったと思います。

この事例について質問する

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE