子供部屋の広さはどれくらい必要? | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設
  • COMPANY

2018年8月23日   子供部屋の広さはどれくらい必要?

こんにちは。

 

猛暑が落ち着いて朝晩は秋を感じられるようになったのもつかの間…。

また昨日、今日と暑い日が続きますね。

 

さて、子供たちの夏休みももうすぐ終わりです。

小学生、中学生のお子さんたちは夏休みの宿題の仕上げに追われている頃でしょうか。

我が家の子供たちにも夏休みモードから学校モードへと少しずつ気持ちを切り替えてほしいところですが、まだまだお休み気分は抜けないようです。

 

ところで、みなさん子供部屋の間取りについて考えたことはありますか?

広さはどれくらい必要なのか。

独立した部屋がいいのか、間仕切りで仕切れる広い部屋がいいのか。

お子さんの人数や、性別によっても左右されます。

 

部屋の広さとしては、独立型では4.5帖~6.0帖程度が一般的のようです。

当社のお客様邸でも、やはり子供部屋は4.5帖~6帖の方が多いですね。

 

06b

H様邸。こちらは4.5帖のお部屋です。

ベッドと机を置いてもまだスペースがありますね。

 

05b

同じくH様邸。こちらは6帖あります。

カラフルなテントがかわいい✨

 

001b

こちらはO様邸。6帖のお部屋です。

 

 

08

こちらはA様邸のお部屋5.0帖。

2方向に窓がありますがどちらも腰窓なので家具を置きやすいですね。

 

 

子供部屋はお子さんの成長とともに用途が変わっていく可能性のあるお部屋です。

長く住むお家ですから、お子さんの成長も見据えて納得のいく間取りを考えたいですね!

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE