収納率20%超の家 | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設

基本条件

土地面積
145.57㎡
建築面積
110.95㎡
敷地特徴
水路敷のある飛び地「変形地」
家族構成
建築費用
コダワリ
豊富な収納計画

家づくりのはじまり

資料請求からコンタクトがはじまったお施主様。
2回目のコンタクトの際に、建て替えを希望しながらも敷地内にある水路敷の問題をご相談頂きました。

敷地内に水路敷が地目で残っている飛び敷地の状態。
「建て直したいがルール違反はしたくない…、水路の払い下げの段階から相談にのって欲しい。」ということでした。

約1年ががりで水路の払い下げ申請の手続きをとり、本格的な家づくりに移行しました。

ご要望 → ご提案

東南に大きなマンション、南西隣地は建物が接近。。長年の不満である日当たりの良い空間を確保したい

水路敷が影響した変形土地だったため、依然は東南に面して開口が取れなかったのが原因。水路敷の問題が解決されたことで、今回はリビングに大きな窓を計画する事ができました。

いざという時のための客間の確保

LDKの一角に畳コーナーをご提案。吊押入とする事で、空間をより有効活用。

家事導線

建物の中心にキッチンを計画。生活の主役である奥様中心の間取り構成をご提案しました。

収納力の増

シューズ・クローク、ロフト、WIC、造作デスク、書棚、etc..たっぷり収納計画をご提案。

ココチヨイ家が完成!

担当設計士のコメント

水路問題を解決した事で、採光計画の問題は一変。
唯一太陽光を直接受けれる東南側にをしっかり採光面を配置し、自然光に恵まれた建物計画が実現しました。

また大きな命題であった「収納」に関しては、収納率20%超でお答えできました。

遊び心をかねてご提案させていただいたダイニングの飾り棚は、大好評で嬉しい限りです。

現場監督のコメント

LDKとつながりのあるタタミコーナーが部屋を広く感じさせてくれます。
各所のカウンターは魅せる収納となり、空間のアクセントになっています。

この事例について質問する

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE