広がりを感じられる屋上テラスのあるオウチ | 横浜市の工務店|注文住宅の将伸建設

基本条件

土地面積
99.36㎡
建築面積
97.29㎡
敷地特徴
旗竿地
家族構成
夫婦+子供2人
建築費用
コダワリ
屋上テラス

家づくりのはじまり

ネットからの資料請求がスタートでした。
わたしたちと同業のご主人が考えるプランをコツコツと積み上げ、常に金銭面でのすり合せを何度も繰り返しました。

決して広くない敷地条件の中で、いかに「広がり」「収納」「プライベート」を確保するかをコンセプトにしました。
特に‘収納の考え方’では、ご主人からの提案で私たちも新たな発見があり勉強もさせて頂いた家づくりです。

ご要望 → ご提案

庭の代用として、屋上テラス

高い耐久性とメンテナンスフリーとも言われる金属防水でご提案。将来的な空間用途の広がりも見据え「給水」「電源」も配備しました。

リビングダイニングを広く感じたい

小上が和室との連続性に、折り上げ天井をプラスしました。さらに関節照明で空間の演出する事により広々感じられる空間をご提案。

フルート演奏の為の防音対策

使用する素材等を吟味。反響と吸音の空間バランスをご提案

収納量の確保

小上がり畳を利用した床下収納、ウォークインの確保、小屋裏収納などでの容量確保はもちろん、収納の中の小物収納、キッチン前カウンター下の収納など、容量と同時に用途も整理することで効率性を確保しました。

ココチヨイ家が完成!

担当設計士のコメント

駐車場からの動線を考えるうえで、空間を広く取りたかった為、鉄骨の丸柱を採用、うまく機能しましたね。

カーテンBOXや間接照明など、今回はご主人の要望を具現化させて頂きました。

基本設計者はご主人です!

現場監督のコメント

2階をLDKにし出窓のガラスを大きくする事により明るく開放的になりました。

また、小上がりの和室畳コーナーはゴロ寝が出来るちょっとしたくつろぎ空間、戸の開閉で書斎やゲストスペースとしても活用できる柔軟な空間用途を実現しています。

屋上バルコニーは近隣の視線が無いプライベートガーデンです。
サッシの配置、大きさ等、狭小地ではありますがプライベートな空間と開放感のバランスが良くできている家です。

この事例について質問する

  • CASE A

    CASE A

  • CASE B

    CASE B

  • CASE C

    CASE C

  • VOICE